スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通帳

2009-08-03

新しく入った彼の会社給与を引き落とす為に
通帳を持ってくるように言った。
(今までの2社は手渡し)

なかなか持ってこなくて
(どこまでも怪しいやつだ)
持ってきたと思ったら
私が指定した銀行に給与振込みの手続きをするようにしてなくて。

しかも再発行してから持ってくる。

前 日記に書いた借金の引き落としの通帳も
私の手元にきた直前に再発行。

前もそうだったけど
ほんっと
タイミングよく通帳がなくなりますね


明らかに今までの記帳分を
私に見られないようにする為の工作であることは間違いない


(あなたの細工は ばれてますよ?


なくしちゃったみたいで。。。

なんてしおらしく言ったって誰が信じるよ? アホか


こんな感じで
彼は私が頼みごとをすると
決まって1週間から2週間かかるんだ。

それも毎日声かけしてね。


声かけなかったら なんでも うやむやになるんだ。


彼は私に
言い方があるだろう」と言う

けど こんな簡単な用事ができない人に
声を荒げずに 優しく頼めるほど
私は人間ができてないのだ



スポンサーサイト

病気

2009-08-03

一見反省したかのように見えた彼だったが

またも次の借金が出てきた時は
怒りと共に笑いすらこみ上げてきた。

その時は10万かな


うちではどうにもできないと解っていながら
借金するなんて
頭おかしくなったのか!?

(本気で病院に行けってすすめたこともあったなぁ。
冗談だと思ってたっぽいけど。)


また親に話した。
当然親も怒ってる。
もう出せるお金はないって。


でも親にしている支払いを少なくして
うちでその借金を払うということで話はついた


今までの借金の理由は全部

生活費!
(彼の生活費にはパチンコも含まれる)

もう聞き飽きた
もう何に使ったのかすら興味がなくなって
細かく聞くのもやめた。 どうせ答えないし。


そこで私は彼に誓約書をかかせた
もう借金をしないこと。
したら離婚に応じること。

という内容で。

最初は「なにそれ!」って切れ気味だったけど
とにかく書かせた。


(話はそれるけど
うちの姉も 旦那が悪さしたとき
似たようなこと やってたらしい。
と後から聞いた。 姉妹ですなw)


その後 借金を払いつつも
貧乏なりに安定した生活を送れるようになった。


彼の気持ちも聞いてみた。


出て行って欲しくないと。


それならどうして
こんな事繰り返すことができたのか。。

はっきりわかっているのは病気ってことだけかな。

改心

2009-08-02

彼の両親に お金を借りる

私はもう うちではどうにもできないし
もちろん私の親兄弟にはこんなこと頼めないし

もう頭下げて
自分の親に頼むしかないんじゃないの?って。


かなり躊躇してたから

あ~親にお金借りるということや
借金の状況を話すことが恥ずかしいというか

そういう気持ちはまだ持ってたんだなって思ったんだ。


でも、なんか そんな様子でもないような気がしてきて


親にもお金借りてるね?

って聞いたら
全くもってその通りだったw


しかもちょいちょい借りてて
いくら借りてるかもわからないって。
20万くらいだと思う。。みたいな


やっぱりかって思ったよ。


でも 本当にうちではどうにもできなかったから

この月々2・3万のものが払えないこと自体
おかしいことで
それができなくなったのは自分のせいでってこと


ちゃんと説明してこいって送り出したんだ。


なんて話たのかは本当のところはわからないけど
親はお金を貸してくれた
私の予想だけど多分父親はこのこと知らないと思う。


お金を借りてから 彼に

この年になって親に こんな大金借りて
迷惑かけて
恥ずかしいことなんだよ
本当ならこっちが出してあげていく年なんだからね


ってな感じで説教したんだ。


それが響いたのかどうかはわからないけど

わかった。

って反省してる風だったけど

人間 口では
なんとでも言えるものなんだよね。



この大嘘つきが
少しでも改心して 治ってくれれば 
なんて期待した自分が恥ずかしい。


だって

半年も持たずに
次の借金でてきたんだも~~~~~んw

あはははははぁぁぁ



転職

2009-08-01

彼は12年(だと思う)勤めた会社を辞めた

辞めること自体は
私も止めなかった

ずっと辞めたがっていたのわかってたし
私もその気持ちはわかってたから。


次の仕事を探してからという条件で。


次の仕事は探してきて
休まず次の会社にいったけど
1年経った頃
また仕事を辞めた。


これが最後っていったのに
また次の仕事も1年で辞めた。


私なら辞めたいって言えば いいよ って
言うと思ってたみたいで
本人も後でそう言っていた。

甘く見られているようだ。


一つの会社で
年金や税金を会社で納めるようになってなかったみたいで
次の年に一気に請求が届いた

しかもその会社は給料もちゃんとくれなかった。

極貧生活の中で
とうてい払える金額ではなかった

しかも、払込書がきたのは初めてなのに
督促となっている。

(その年 税金の請求が役所の方で結構間違えた年だったと
後から聞いて うちがその対象になっていたようだ)

とりあえず私のバイト代で税金は納めたんだけど
本当に苦しかった。


それなのに
また借金が出てきた
その時は50万くらいだったと思う。

もうどうにもできなくて
彼の両親にお金を借りた。


そこで本当に本当に遅いのだが
私は初めて 離婚を考えたんだ。

保険

2009-07-31

彼はずっとずーーーっと

私の口座からと 自分の口座から
お金を抜いていたようだった


それはカードの引き落としや
光熱費や保険の為に毎月口座にいれてたお金
多めに入れてたから 逆に少しずつ貯まっているはずだった


それに気づくまで
彼にお金を渡して口座に入れてもらってたんだけど


あまりにもいろんな物が引き落とされないのが
続いてて

彼に聞いたが
いつものように知らないというばかり

それどころか
保険代とか高いよね もっと安いのないのかなぁ
おかしいよね


なんて言ってた。
一番おかしいのはあんただけどね


本当におかしかった

お金を入れても入れても引き落とされない

疑いたくはなかったけど
やっぱり疑っちゃう

でもそんな平気な顔で言われたら
自分がおかしいのかって思っちゃう



記帳したらわかるだろうと思い
(しばらくしてなかった。。)
通帳を探したが
なんとタイミング良く通帳がない

どんなに探してもない


彼だと思った。

それは本当に知らないと言っていたが
どれは知っていたのか

そしてしばらくの間 通帳の再発行もしてくれなかった


私はとうとう自分の貯金を崩した
イザという時にとっておいたお金もなくなった
今まで入ってた保険も払えなくなり解約するしかなくなった
退職金で入った貯蓄型保険?も解約した



とうとう何もなくなってしまった

もうどうしていいかわからなかった

その時農作業のバイトしてたけど
自分にことになんて1円も使えない日々が続いた


私も悪いところはあったと思う
ざっくりどんぶり勘定だったから
気づくのが遅すぎた


でも全部使うなんて。。。
そして極貧性格に突入する。
いまのじかん

by ブログパーツ時計の森
プロフィール

ざっこくまい

Author:ざっこくまい
来てくれてありがとうございます♥

産まれたときから同じ町に住み
ダイエットに何度も挑戦しては
失敗を繰り返している35歳です

人からは男らしい とか おっさん臭いなどと言われますが
女として生きているつもりですっ

カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索
コマーシャル
安いレンタルサーバーはこちら         髪 気になりませんか?
   下着探しなら
FX ≪必勝≫最新FX会社徹底比較
アフェリエイトなんてどうでしょう アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。